ダウンタウンDXで大根おろし器が話題に!プロおろしV

2017年10月26日(木)のダウンタウンDXで、鈴木杏樹さんがお気に入りの「大根おろし器」を紹介されていました。
テレビで大根おろし器、って・・・地味すぎじゃない?と思ったあなた。
侮るなかれ。1個1万円もする大根おろし器だそうです。

 

実は私も最近、ちょっと高い大根おろし器をモニターさせて頂いているのでこちらでご紹介します。
私がモニターさせて頂いている大根おろし器も以前ダウンタウンDXやテレビ「NHK 試してガッテン 坂上忍の成長マン」、「ためしてガッテン」、「ショップチャンネル」でも紹介されたものなんです。
大根おろし器プロおろしV

 

この大根おろし器は板前さんも使うプロ用大根おろし器だそう。
2,138円(税込み)なので、そんなには高くないけど通常の大根おろし器と比べると(今や100均でも売ってますからね)ちょいお値段が張りますよね。

 

プロ仕様大根おろし器「プロおろしV」を使ってみた口コミ・レビュー

プロおろしVが届きました。
プロおろしVが届いた

 

プロおろしVを開けてみた

 

ピカピカ光ってキレイですね。
どれだけ使いやすいのか、大根をおろしやすいのかレビューしていきます。
大根おろし器プロおろしV

 

プロおろしVの箱には大根の説明も載っています。
大根の頭の方は甘く、しっぽの方は辛いので好みで使ってくださいね。
プロおろしVの箱

 

プロおろしVは、目立て採用で切れ味がよく、しかも水切り受け皿が付いています。底には滑り止めのゴムが付いているのでおろしやすいです。
プロおろしVの特徴

 

底全体にゴムが付いているので、押さえが効きます。
大根おろし器の底にゴム

 

大根おろし器の底にゴム2

 

プロおろしVを使ってみました。
プロおろしVで大根をおろすところ

 

ひとすりするだけで、スッと力を入れずに動かせます。
これはスムーズ。とっても使いやすいです。
おろし器が斜めになっているので、前のほうが高くなるように置いて大根を前後に動かしてすりおろします。
プロおろしVを使ってみた

 

こちらがプロおろしVでおろした大根です。見た目だけでは分からないと思いますが、キメが細かい気がします。
プロおろしVでおろした大根

 

プロおろしVでおろした大根のキメ

 

箱にはプロおろしVはお水をかけるだけで洗える、とありますが私のおすすめは100均に売っているブラシを使うことです。
プロおろしVは洗いやすい

 

おろし器の目に詰まった大根もきれいに取れるしスポンジで洗うと手が痛くなったりしますし、これがおすすめ!
プロおろしVの洗い方

 

プロおろしVは3つのパートで出来ています。大根をおろした後の汁は一番下に落ちるので、好みの大根おろしを自分で作ることができます。
うちのダンナは、汁を軽く絞った大根おろしが好きなのでこのおろし器が大活躍しそう!
プロおろしVは3つのパート

 

プロおろしVの刃は四角い穴の中に小さな刃が縦横が交互になるようにあります。
プロおろしVの刃

 

今までのおろし器でおろした大根です。今までのおろし器は丸い穴の中に円状に小さな刃があります。
今までのおろし器

 

プロおろしVとくらべてみました。
左側が今までのおろし器、右側がプロおろしVです。
あまり分からないかもしれませんが、プロおろしVは大根の繊維をつぶさないような構造になっているので、水々しい大根おろしができるんです!
プロおろしVと今までのおろし器比べ

 

 

ちょっと高価だけど、とっても使いやすいキッチン用品が買える、和田商店はこちらから

 



 

和田商店を見てみる

関連ページ

エンジェルジューサーAG7500は搾汁率70%以上で無駄がない
ピカイチ野菜くんのエンジェルジューサーAG7500は搾汁率70%。野菜の栄養まるごと絞り出せるスロージューサーです。10月31日まで57,920円OFFと大幅値下げ!
アムウェイの無水鍋クイーンクックウェアを買取査定したレビュー
アムウェイの無水鍋クイーンクックウェアを買取査定してもらいました。セットで持っていたQUEENですがお家の中で眠っていた何ピースかの鍋がありましt。無理に買わされた人、アムウェイの鍋を持っていませんか?
所さんの学校では教えてくれないそこんトコロで紹介キッチン用品
所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ(2017年10月20日放送)で紹介キッチン用品をご紹介します。
土佐ジンジャーシロップで温活を!アレンジレシピ沢山
土佐ジンジャーシロップを頂いたので、色々アレンジして食べてみました。冷え性で困っていたし、温活にちょうどいい食材です。しょうが紅茶、ヨーグルトにかけたり、りんごのプリザーブなどにピッタリ。

このページの先頭へ戻る